不動産担保ローンに申し込んだ理由とは

お金が必要なときは

お金が必要なときはキャッシングから借りていましたが、100万円の借入を超えたあたりから返済が非常に厳しくなってきました。
ローンの中でもトップクラスに金利が高く、消費者金融からの借入だから仕方ないとは思っていたものの、どうにかして乗り換えしたいと考えたわけです。
ただ総量規制の貸付ラインに達するほどの借入をしていたので、消費者金融から追加融資は受けられません。
消費者金融は年収の3分の1までしか融資をしていないからです。
そこで不動産担保ローンに申し込むことにしたわけです。
使用していない土地があったので、担保にして120万円を借りることにしました。
消費者金融の金利は15.0%でしたが、不動産担保ローンは11.0%とかなり低く設定されていました。
高額の借入をしてわかったことですが、借入総額が大きくなると1%の金利が効いてくるのです。
不動産担保ローンは土地の価値いっぱいまで借入できるわけではなく、現実的には60%程度までだそうです。
それでも土地の価値が400万円ほどありましたので、120万円を借りるのはまったく問題ありませんでした。
キャッシングよりも審査に時間はかかりましたが、それでも5日後に借入できたので満足です。
緊急時の利用だとすぐに融資してくれるキャッシングがおすすめですが、乗り換えをする状態なら審査に数日かかっても低金利なほうがよいですね。
初めてキャッシングを利用したときは1%の金利の違いは無視していましたが、利息は金利だけでは決まりません。
借入総額に対して利息が発生するので、追加融資を受ければ受けるほど支払いは大変になっていきました。

不動産担保ローン利用者への総合調査/2019年版リサーチ調査 https://t.co/oWg5uedUiu pic.twitter.com/PeJOLmR9bt

— 経営者「Leo(れお)」 (@shikin_leo) 2019年7月4日

お金が必要なときは短期間で完済することが利息を抑える秘訣ローンの乗り換え不動産担保ローンを初めて利用しました