不動産担保ローンに申し込んだ理由とは

短期間で完済することが利息を抑える秘訣

借入総額が120万円に達したときは、毎月の利息の支払いをするのが精一杯だったのです。
このままでは永久に完済不可能だと思ったので、低金利ローンに乗り換えするために不動産担保ローンに申し込もうと思ったのです。
実際に乗り換えして金利が15.0%から11.0%に下がると、毎月の返済が随分と楽になりました。
借入総額がここまで大きくなると、たった1%が非常に大きいのです。
そして何より嬉しかったのは、キャッシングのカードを解約できたことですね。
不動産担保ローンはカードが発行されないので、いわゆるフリーローンと言われるタイプになっています。
キャッシングのようにカードが発行されると、返済した直後に借入できるので残高が減りません。
カードがないと安易に追加融資を受けられませんので、毎月安定的に返済することができました。
金利がキャッシングより低いこと、追加融資を受ける可能性が低いことは、早期完済をする上で非常に重要です。
何より毎月の利息が減りましたので、支払総額が少なくなりました。
ただ総支払額が減ったからと言って、毎月の返済額をキャッシング時代より減らすのは得策ではありません。
減らすほど返済期間が延びてしまうので、完済までの時間が長くなるためです。
短期間で完済することが利息を抑える秘訣ですから、無理をしない範囲で返済期間は圧縮していく必要があります

お金が必要なときは短期間で完済することが利息を抑える秘訣ローンの乗り換え不動産担保ローンを初めて利用しました